Q.  話したくないことも話さなければいけませんか?

話したくないことは話さなくて大丈夫です。自分のことを全く話さなくてもセッションを進めることはできます。

過去のトラウマなどは、話すことで二次的に傷つくこともありますので、そういった場合はお話しない方が良いのです。何かお話を伺う前には、筋反射で確認してからお聞きします。

Q.  テーマが決まっていないと受けられないのでしょうか?

その日のテーマを筋反射で潜在意識に聞きますので、テーマが決まっていなくても受けていただけます。逆にテーマが決まっていても筋反射で別のテーマが選ばれることがあります。

Q.  どれぐらいで効果が出ますか?

「効果」が何か、またあなたが「効果」を感じられる感性を持っているか(自分の感覚を抑圧していないか)にもよりますが、初回のセッションからエネルギーの浄化や変化が起こるため、わかる方は、効果や変化を感じられることと思います。

ただ一般的には複数回受けていただくことで、はっきりとした感覚の変化やそれに伴う現実の変容が期待できます。

Q. どれぐらいの頻度で受けるべきですか?

遠方の方はまとめて1日に2セッション受ける方もいらっしゃいます。セッションの後で統合や気づきが起こる場合もありますので、通常は2週間に1回、1カ月に1回など、ある程度期間を置いて受けることをお勧めします。

あまり長い間を開けると、またエネルギーの浄化から始まってしまうので、間を開けすぎない方が良いと思います。

Q. 使っているフラワーエッセンスについて教えてください。

フラワーエッセンスだけでなく、惑星エッセンス、ジェムエッセンス、エレメントエッセンスなど様々なエネルギーを持つエッセンスを使っています。
メーカーは、Alaskan, Pegasus Products, Highestself Elixirsです。Alaskanは日本で買うことができますが、残りの2つはアメリカのウェブサイトから購入できます。

お持ちのエッセンスを持参いただいても構いません。筋反射で選ばれてセッションで使う場合があります。

またセッションで使うエッセンスと、普段飲むエッセンスは違う場合がありますので、セッションの際にお問い合わせください。筋反射を取り、ご自身に合ったものをお教えします。

尚、ドーセージボトルはお作りしておりません。

Q. 心理セラピーやカウンセリングとの違いを教えて下さい。

一般的なカウンセリングのように、慰めたり共感するなど、クライアントさんが把握している問題を受容して聴くだけでは、あまり何も起こらないばかりか、問題に巻き込まれてしまう恐れさえあります。

クライアントさんの知覚している意識を越えて、心のあり方を変える方向へ調整を行います。

心理セラピーのカバー範囲は、今世の自分の感情や記憶ですが、それでは十分ではない場合があり、多次元キネシオロジーでは、より広範囲から多角的なアプローチを行います。

Q. 他のヒーリングとの違いは何ですか?

リーディングやチャネリングは、行う人の意識のフィルターがかかってしまい信頼性が高くない場合もあります。高次の存在にアクセスしているつもりがそうではなかったというケースもよくあります。

筋反射は、肉体的な反応ですので、ほとんどの人が練習すればできるようになる、潜在意識を探るには信頼性の高い手法です。(すべての情報が正しいというわけではありません)

多次元キネシオロジーでは、筋反射を使って、個人の潜在意識を超えた集合意識や、輪廻の外にいる多次元の存在(アセンデッドマスター、天使、ガイド)にもアクセスし、調整を行います。