火山のエネルギーとスピリチュアルエゴ

隣町のお山によく行く日帰り温泉があります。ここに最初に来たのは、まだ20代。その時デートしていた彼に車で連れてきてもらいました。笑
残念ながら彼とは短期間で別れてしまいましたが(フラれたw)とてもセンスの良い人で、その時1回連れて行ってくれた場所がとても素敵だったことを印象深く覚えていて、15年以上経って再訪したという訳です。小田原に引っ越して来てからは2-3ヶ月に1回ぐらいは訪れています。

ここには洞穴があって、パワースポットなので瞑想してみて下さいと書いてあり、先日、1人で湯煙の立つ洞穴に入ってじっとしていました。源泉に近いらしく、首元まで浸かれないぐらい熱いので、岩に体をもたれてお腹の辺りまで浸かっていました。
すると激しくゲップが出てきて、何度もオエッとえずきました。これは私の浄化反応なんですが、私の中の悪いものが居られなくて、激しく噴出して来る感じです。それぐらいエネルギーレベルが高いところのようでした。
落ち着いて外に出ると、また中に入りゲップをしてえずくことを何回か繰り返しました。これはもしかしてここに浄化のために来させられたのかもと思いました。
最近、自己ヒーリングがうまくはまらない感じだったので、外部からの圧力で沼から抜け出す必要があったのかと。
自己ヒーリングがうまくはまらない時とは、うまく自分の筋反射が取れなくなったり、スキャンリストから的を得た回答が得られないことが起こります。あまりにも結果に執着しすぎて、ブロッキングを起こしているのだと思います。
クライアントさんへのセッションでは、いい意味でクライアントさんの悩みからは距離を置いているので、私のエゴが原因でブロッキングを起こすことはあまりありません。クライアントさんが聞きたくないことが明らかになろうとするとブロッキングが起きたりする、あるいは私とクライアントさんの問題が似ていて筋反射が取りにくいみたいなことはあります。でも、ある結果を出したいとそこまで強く思うことは他の人に関してはないので(家族など利害関係が深いとまた別なのかもしれません)自己ヒーリング特有の現象なのだと思います。

今、ちょっともがいているのは、エゴについてです。自分の完全性を信じて委ねることができるか、というチャレンジをしています。
私たちは、◯◯ができるから愛される価値がある、◯◯だからそこにいても良いとつい考えがちです。
スピリチュアル周りだと、自分はエネルギーを感じることができるから、サイキックだから、エンパスだから、不思議体験をしたから、上が開いていると「見える人」に言われたから、自分は特別と考えたくなる人もいるかもしれません。
普段はそうでなくても、困難に直面した時にはそういう考えが頭をもたげること、私はあります。汗こういうのをスピリチュアルエゴと言います。

これを手放して、自分を信じて委ねること、をやっています。自分のエネルギーの状態が良い時は手応えがあるのですが、上に書いたように自分が置かれている状況にコントロールが効かなくなると、余裕がなくなり、心が囚われて執着してしまうのです。
自分を信じて委ねるぞ!と自分に言い聞かせるのでもなく、エゴを捨てるぞ!と無理やり思うことでもありません。それらの思考から距離を置いて、それが問題ではなくなり、心が静寂になることが私が目指すゴールです。
それに気づけているのだから大きな進歩です。気づかないとどこにも向かえないので。ここ最近はちょっと感情の嵐の中で翻弄されてたので、温泉の力強いエネルギーに浄化されたのは本当に良かったです。
このお山の温泉に入ると火山の激しいエネルギーを私は感じます。
お家に帰って自己ヒーリングをやったら、今度ははまりました!これぞパワースポット。またサポートをいただきに行って来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。