緩んでいます

最近の自己ヒーリングは2〜3日にいっぺんぐらいです。一時は1日4時間とか、ネバーエンディングにやっていたのが信じられないぐらい穏やかです。
それでもけっこう激しくエネルギーが上がって来て、涙が出たり、ゲップやえずき、はなみず(以下略)
以前と違うのは、時間が短くなったのと、感情があまり出てこないことでしょうか。
考えてみると、以前は自己ヒーリングをする時、何とか自分を癒さなくてはいけない、結果を出さなくてはいけない、という脅迫観念のようなものと、同時にたぶん無駄だろうなという諦めや絶望感があったみたいです。無くなって気付きました。
ヒーリングに対しても距離を置いて考えられるようになったようです。
この脅迫観念や諦めや絶望感。根っこは、インチャだったり、前世だったり、宇宙系遺伝だったり、複数の要因が絡まり合って、1つ外しても容易には崩れないものだったように思います。
1つ1つ外して行く内に、このままではいけないという焦燥感に駆られていたのが、このままで良いじゃん、といつからか自然に思えるようになりました。
これは良く聞く自己肯定感が上がるということでは!?(今さらw)

過去の嫌なことを思い出さない訳ではないですし、レプティリアンという宇宙系遺伝が強い私は、人からのアクションを怒りという形で受け止めることが多いのです。
それはまだ起こるものの、引きずらないでいられることに驚いています。
先日、5月に会った以来の友人が小田原に来てくれ、自然体になりましたねと言ってもらえました。大変嬉しかったです!

バレエも足が動かなかった間に筋肉が落ち、マイナス50ぐらいからの再スタートなのですが、以前なら気合いと根性でマイナスをカバー!と頑張るところをスローダウンすることができるようになりました。

奇跡って、知らない間に、前からずっとそうだったかのように、さりげなく現実が変わるものだよと、以前、知り合いのヒーラーさんから言われましたが、まさにそんな感じです。
どんな形で、いつ変容が訪れるのか、それは人によって違います。ヒーリングの素晴らしいところは、それが起こった時には、納得して受け入れられるような統合が起きるところだと思います。
あらかじめ道筋やタイミングや結果を頭で考えていても、その通りにはならないですし、それを越えたことが起こります。

今はどうやらひと段落ついたところで、緩んで落ち着いている状態ですが、またきっと何か出てくるんだろうな。そうやってらせん状に上がっていくのだと思います。
まあ1年間、出っ放しだったからそろそろ落ち着いても良いのではないかと。

友人と行った海です。一瞬だけ虹が出ました。奇跡のような瞬間!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。