仕事中毒からのリハビリ

会社員を辞めてちょうど1年経ちました。辞めた時には、どうやら行く道は会社員ではないとわかっていたものの、まさか小田原に引っ越し、一軒家を買うとは夢にも思っておらず。
ヒーリングを人にさせていただくようになりましたが、それだけで食べていけるほどではありません。貯金と株投資とで、生活が成り立たないという状態ではないのですが、毎日、消費だけする日々はなかなかつらいものがありました。
自己ヒーリングで出てくるのは、仕事中毒。当たりすぎて何も言えず。一方で、忙しくなることへの恐れ。
そしてアファメーションブックからは、ライフレッスンに感謝するというテキスト。

働かざるもの食うべからず、という昭和な価値観や、女性でも人に頼らずに経済的に独立すべきという母から受け継いだ信念が染みついている私には、罪悪感なしに自由な生活をエンジョイするのはとても難しいのです。
仕事をしさえすれば、忙しさに紛れ、いろんなことを麻痺させて見ないでいることが出来ます。
暇すぎて近所で何かできることを探してみたりしました。例えば、小田原、英語の求人、などというキーワードでネットを検索するなど。
そんな時に出てくるカードは(最近、エンジェルのメッセージのカードを買いました)
「あなたは最上のものにふさわしい。妥協するな。」「聖なる人生の目的に取り組むため変容する勇気を授ける。」

つまり暇つぶしに手近な何かをするなということなのだろうと思います。

スピリチュアル的な意識の拡大という意味で、私が学んだ方がいいのかなと感じているのは、豊かさを受け取るということ。
もし宝くじが当たって働かなくてもよかったら何をするか?というのは、誰でも1度は自分に尋ねたことがあることだと思います。
期間限定、金額限定とは言え、今まさに私は生活のために働かなくても良い状態。
罪悪感を手放して、何をしたいのか確かめてみようと思いました。
1つは、古民家をリノベして住むこと。

それ以外でも、私はこの世界で、いろんな新しいことを体験して、視野が広がるのを楽しみたい。
そう思ってからは、クリエイティブに自分の楽しみを見つけるために、旅に出たり、自転車を買って行動範囲を広げたり、料理教室に行ったり、バレエを再開したり、温泉に行ったり、カフェに行ったり、楽しく過ごしています。
あ、陶芸も久しぶりにやり始めました。

それらは私がずっとやりたかった楽しいことだけれど、自分1人で完結しているし、使命なのかというとちょっと違う。
筋反射で選ばれたテキストをつなぎ合わせ、サイキック能力を使って人々の魂の声を聞くのが使命、というメッセージが出てきたこともありますが、まだよくわからない。
もしそれが本当に私の使命なのであれば、きっと時間が証明してくれるのでしょう。
そうはならず、手持ちの資金が尽きる日が来たら、手近な何かで生活を支えるのもオプションだし、これまでやっていたような激務の会社員にまた戻るのも、それはそれで何かを学ぶタイミングなのだろうと思います。
はたまた誰かが現れて養ってくれるかもしれないし。笑

それにしても仕事中毒な私は、自分を追い込んでヒーリングを一生懸命にやり過ぎてしまい、そうなってしまうとマインド的には会社員の時とさほど変わらないということにも気づきました。
会社員のマインドは以前やった自己ヒーリングではアルクトゥールスとプレアデス遺伝による「使命感」から来ているようなのですが、それはもう手放してもいい性質のよう。
ヒーリングを提供しながらも、自分を開放し豊かさを受け取る方向へ。意識を拡大していきたいなと思う今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。