計画しても、できないこと

小田原生活も早3ヶ月経ちました。引っ越した当初は、外出自粛のため、町に人がいなかったのですが、地元の人たちは出歩くようになり、人が戻って来ています。


そして、お会いしたいと思っていた、Twitterで知り合った方とお会いすることができました!小田原近郊にお住まいの方で、私が初めて小田原に行った時にTwitterでいろいろ気さくにアドバイスをしてくれた方です。(ここでは、マダムAとお呼びします)


以前、スピリチュアルなお茶会をしようと、Twitterで呼びかけたところ、手をあげてくださり、東京でお会いする約束をしていましたが、お子さんの具合が悪くなり、その時は断念。このたび、ようやく実現しました!


近郊のステキなフレンチレストランで、ランチタイムに落ち合いました。お花を使った美しいお皿の数々にうっとり。

オンラインでのお付き合いですので、お互い個人的な情報はそれほど知らず、まずはそこからでした。それでも毎日のようにTwitterで投稿を見たり、コメントのやりとりをしたりしていましたので、初対面でもいろいろ深いお話ができて嬉しかったです。


私が会社を辞めて小田原に移住するまでの話をしている時に、ハッとしたことがありました。「では前から計画していたことなのですか〜?」と、何気なくマダムAに聞かれたのです。


ストーリー性を持って話をしていると、いろいろなことが次々に起こって、何だか前からの希望通りに行ったみたいな風に聞こえなくもないな、と思いました。
「事前に計画していたら、出来なかったと思います」とその時はお答えしました。

会社を辞めたいとも、ヒーリングを人にさせていただきたいとも、元彼と離れたいとも、港区から引っ越したいとも、ローンが終わったばかりの愛着あるマンションを売りたいとも、 顕在意識では全く思っていなかったのですから!

そういう様々なことについては、可能性の1つとして考えなくもなかったですが、あまりにその時の現実から乖離していて、どうやって実現したら良いかわからなかったので、積極的にそれらに向かって一生懸命に何かすることはありませんでした。
ただ起きることに身を任せていたら、こうなってました(笑)


ただ、私にとっては、自分でコントロールを手放し、信頼して身を任せることが一番難しかったように思います。
時には罪悪感や焦燥感に駆られることもあります。
一生懸命にコントロールしようとしてもできないなら、信頼して委ねてハッピーに過ごす方が良いですよね!


そしてまだ流れの最中です。
こうして、マダムAとお会いできたことも、大きな流れの一部なんだろうなと感じます。縁もゆかりもない土地に、突然飛び込んできた私を暖かく迎えてくださり、とても心強く感じました。ありがとうございました!
導いてくれるすべての存在に感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。