また壮絶な自己ヒーリングになっちゃった②

「また壮絶な自己ヒーリングになっちゃった①」はこちら

NG無しのポリシーを掲げているので、書きます。笑

しばらく前から、恋愛・パートナーシップ系の情報が選ばれることが多くなりました。

ただ最初に言っておきますが、今のところ何もありません。(元彼から完全離脱の顛末はこちら

この引きこもり生活で出会いがある方がびっくりですが。

小田原に引っ越す前に、複数のヒーラーさんから、私の課題は家族を作ること、と言われていまして、次の仕事を何にするとかは、二の次ぐらいの勢いでした。

今は、一人暮らしのマンションに住んでいますが、これは仮住まいで、今後、小田原周辺に家を買う予定です。

その家をうっかり一人暮らし仕様にしないように、家族の人数が増えてもいいようにという心構えだけはしておこうと思っていました。

これも私にとっては、大きな気づきでした。

私が持っているスキャンリストには、恋愛・パートナーシップのページがあり、これはクライアントセッションでも選ばれることが多いです。

そして、もう1枚、秘密のページ?があり、典子さんからも、このページはあらかじめクライアントさんの許可を取ってから情報をあげるようにと言われているページでした。

それはセックスとセクシュアリティのページなんです。

私はそれほど抵抗はありませんでしたが、確かに人とシェアする情報ではないかもしれません。

ここから情報が上がって来て、びっくりしたのと、もう1つ、アファメーションブックから選ばれ、私が雷に打たれたようになった文章がありました…

…あったのですが、もう見つかりません…

もしかしたら、最初からなかったのかもしれません。

何を受け取ったか。

私が誰と恋愛関係に陥るか、もっと言うと、誰とセックスするか、について、

家族の了解はいらない、というものでした。

これがわかった時、恥ずかしさを覚えました。

自分ではもちろんわかっていたことなんだけれど、隠していた性癖が人に知られるのが恥ずかしいのと似たような感覚でした。

これは、隠しておきたい、抵抗が起こりそうな情報。

私の家族、親戚が特殊なのかわかりませんが、父方も母方も、学歴をものすごく気にするのです。

親戚同士が誰かの噂話をするのに、まず大学名が出てくるぐらい、学歴は異様に大事みたいです。苦笑

例えば私が誰かと結婚する場合、その人の学歴はものすごく関心を持たれ、評価基準となると思います。

そもそも、なぜ親戚から「評価」されなくてはいけないのか、配偶者への評価がなぜ自分の評価と感じるのか(子供への評価=自分、という人もいるかも。ウチの母がそうでした。)突っ込みどころ満載ですよね?

加えて、10代終わりから20代初めに数年通った学校の名前が、なぜその人自身の価値であるかのような評価がされるのか、そしてそれがなぜ一生影響を及ぼすのか、考えずともバカバカしい限りです。

そんなのは無視しても良いのに、なぜだか、私はその評価基準を自分の中に取り込んでいて、無意識にですが親戚に紹介できるバックグラウンドかをチェックして、恋愛関係になることが多かったです。

(いや〜、書くのが恥ずかしい〜。さらに自己ヒーリングが必要そう。)

恋愛をするのに誰の許可もいらない(自分のハート以外は)という当たり前のことに今まで気づかなかった自分に気づいた衝撃の瞬間でした。

どんな変容も気づきから始まるものだと思います。

ここから始めよう。

セッションが終わって引いたカード。

【変容】

蝶が生まれるためにサナギが死ぬように、最高の人生を送るためには、古い考え方を捨てて、変化を受け入れなくてはなりません。

image

今回の一連の激しいデトックスがすべてこの問題を見たくなくて出てきたのかは正直わからないのです。

ここに書かなかった色々な問題も同時に扱っていたので、それもあったのかもしれません。

結局、お腹が痛いのが続き、自分ではそれ以上、ヒーリングが出来ず、鎮痛剤を飲みました。喘息もそうですが、どうもデトックスが自分では止められないぐらいオーバーヒートしてしまう時があるようです。(身体の反応が雄弁とも言う!)

まだ受け取るメッセージがあるのかもしれません。

それも今後ゆっくりと気づきを得て現実が動いていくのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。