どんぴしゃすぎて笑うしかない(セッションご感想)

モニターセッションの感想をいただきました!

特に今、悩みはないけれど、ピンと来て申し込んで下さったようです。

もっと楽に、もっと楽しく、これからのことを方向付けるようなセッションになりました。

下に書かれているように、音叉が鳴っている時に眠りに落ち、目覚めた時に何かが抜けたような顔色になられていたのがとても印象的でした。


セッション後に眠くなる、だるくなるなど、好転反応、デトックスと呼ばれる症状が起きることがあります。

エネルギーが動いたことでも起こりますし、変化への抵抗によって起こることもあるようです。

たいていはゆっくり休んでいただくのが1番良いです。

エンパスの方は、無意識の内に外のエネルギーを受けてしまい、それに気づかずに具合が悪くなっているようなことがあります。

自分だけのエネルギーでいることは、グラウンディングをする上で、とても大事です。(←自分に言っている(笑))

お茶会でもそんなお話ができたらと思いますので、ピンと来た方は、お席がまだありますのでご参加ください!(詳しくはこちらです)

では感想です。

筋反射で出てきた「ラクに生きるのを妨げている不要な信念」がどんなものかを聞いたときは、どんぴしゃすぎて笑うしかないという感じでした(あはは)。
この「自分にとって不要だけどなかなか手放せない価値観」がどんなものなのか、自分の外に一度出して並べて眺めてみる…ということがセッションで行われたかなと思いますが、それだけでも癒やしが起こりました。

それから、「安心感がない」というのは、まさにそう!という感じでした。
これは、インチャと自分がつながっていないから、インチャの声が聞けてないからかな?と思っています。
以前に一度インチャの声をしっかり聞いて共感してあげたらものすごーい安心感に包まれた経験がありました。
しかし、なかなかそれを繰り返し体験できずにいます。
今年はこのことに向き合うことになるなという予感をひしひしと感じていたときにセッションを受けることになりました。
具体的な悩みがないけどなんとなくピンときたから!という、なんともふわっとした感じでセッションに臨んだわたしでしたが、セッションでは起こるべきことが起こるべくして起こった、着地すべきところに着地したという感じでした。

キッチンのことはびっくりしましたね〜(笑)
「すべてお見透し」って感じでした!
(わたしの身体が答えてるのだから、そりゃそうだってことなのですが)

シンギングボウルをお腹に当てるのも初めてでしたが、とても心地よかったです。

音叉が鳴り始めてからは意識がなくなりました。
とても深く眠った感じがしました。

そして、家に帰ってからまた寝ました!
なんだか起きていられなくて。
眠い感じは翌日も続きました。
翌日は頭痛がしました。
(なにかの毒出しだったのかな?と思います)

オーラが浄化されるってこんな感じなんだなぁと体感できたことはとても面白かったです。
オーラって目に見えないけど本当にあるのだよねぇとしみじみと感じました。
スピのこと、目に見えない世界のことが以前から好きだったので、「えっ?!今さら?!」と自分にツッコミを入れたくなりましたが(笑)
体感を伴う経験に勝るものはないなぁと思います。

悩み過ぎてぐちゃぐちゃしてる状況の方、辛すぎてまだインチャと向き合えないという方にとってもやさしくて素晴らしいセラピーだと思いました。

それから、わたしもHSP、エンパス体質かな?と感じているので、日頃のセルフケアのことなどをお聞きしてみてもよかったかなぁと、あとになって思いました。

キッチンのことはお聞きしてびっくりしました!(笑)

お聞きしないとわからないものがしまってあり、それを土に埋めるという指示でした。

過去のエネルギーを手放して、これからますます軽やかになっていかれると思います。

ありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。