最近の自己ヒーリング

最近、実はあまり自己ヒーリングをしていません。一時は、インチャが出てきて毎日のように号泣したり、宇宙系遺伝が出てきてえずきまくったり、夜中の3時に目が覚めて自己ヒーリングさせられたりしていましたが、そんなフェーズは終わったようです。(それはそれで面白かったけど)
毎日、一応、自己ヒーリングが必要か確認していますが、頻度は3-4日に1回ぐらい。外出自粛で始めたオンラインバレエやヨガクラスの頻度の方が高いです。笑
自己ヒーリングの内容も変わって来ています。オーラに溜まる日々のストレスを浄化することは変わりませんが、過去世が上がって来たり、不要な信念体系が上がって来ることがほとんどなくなりました。
インチャも上がってこないです。これはちょっと寂しい。笑
マイナスのものをゼロに、痛みを癒すのもヒーリングですが、マイナスがゼロになったら、あとはやることがないという訳ではなく、ゼロをプラスに、プラスをさらに増やしていくこともできます。
私自身が痛みをたくさん抱えていて、これまでヒーリングはマイナスをゼロに近づけるようなものが多かったですが、土台ができたらしく、自己ヒーリングは、その上に積み重ねてますます豊かになって行く方向に変化しつつあります。
痛みの原因はだいたいパターン化されていて、スキャンリストというプラクティショナーが使うリストに書いてある項目でカバーされているように思います。
しかしプラスに積み上がっていく方向や中身は人それぞれです。潜在意識や高次の存在が一生懸命にメッセージを伝えようとして、あの手、この手でいろいろなものを選ぶセッションのことが多いです。かなり変則的で自由な感じになります。

リストにないメッセージって、ほとんどチャネリングなので、そういう能力がまだあまり発達していない私は、クライアントセッションの時はちょっとドキドキします。でも私のところに申し込んで下さったということは、私でもお伝えできるメッセージを貰えるということなので、リラックスして受け取ることにしています。一応、受け取ったものをお伝えする時は筋反射で確認するので、私の妄想が伝えられることはないはずです。笑

自己ヒーリングに話が戻りますが、時間も以前は2時間以上かかることも多かったですが、今は30分ぐらいかなぁ。短くなりました。
日常生活で、全て悟ったかのように感情の波がなくなったかというと、それはなくて、嫌なことも腹が立つこともあります。以前との違いは、頭の中がその出来事でいっぱいになり、ぐるぐる回りがちだったのが、すぐに視点を切り替えられて長続きしないことかな。ネガティブモードにすぐにスイッチが入らなくなり、イージーゴーイングになりました。
筋反射やセッションの内容に振り回されなくなりました。良い内容が出ても、悪い内容が出ても、以前は、いったいどういうことなんだろうとあれこれ、その内容を考えたりしていましたが、考えても仕方がないこと(特に他人のことや未来のこと)については、内容を確認し、そうかと受け止めたら、そこにそれ以上意味づけを考えません。

たぶんとても楽になったのだろうなと思います。引っ越して、近所の海や、隣町の山に行って自然に身を置くことが多くなり、いま夢の生活を送っているなと思うことがあります。
次に何が起こるのかはわかりませんが、自分の想像を越えた、最善のことが起こるだろうと楽しみにしています。
と、言いながら、また激しい自己ヒーリングが始まったりして。笑

ヤマブキという植物を初めて認識した(左側の黄色い花が咲いている木)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。