お役目(汗)

多次元キネシオロジープラクティショナーの先輩でもあり、ハワイリトリートでお世話になった、大人気ヒーラーのクレドさん。

クレドさんのメルマガのバックナンバーを読んでいたら、プラクティショナー向けにセッションを深める講座を過去にやったことがあるとのことで、お願いしてみたところ、快諾してくださり、先日、開講。

去年の8月に長野のベーシック講座が終わってから、典子さんのフォローアップがウェブで行われた他は、ほぼ自力で自己ヒーリングや、クライアントさんへのセッションを行ってきたので、本当にこれでいいのかな?いいんだよね?というところを確認したかったのです。

講座のエッセンスをブログで2回に渡って紹介してくださっています。

セッションをどうやったら深められるか?という問いには、

① xxxx

② xxxx

というように箇条書きの具体的な答え(技術)が並ぶことを漠然と想定していたのですが、ヒーリングは道具やスキルではないのだということがよくわかりました。

つまり自分の存在で行うものなので、誰かと比べて足りない、浅い、と思うことは必要ないのだと。

そして結果が出る、ということも、自分の手を離れたところにあるんだなぁと。

駆け出しのセラピスト/ヒーラーとしては、改めて、エゴを手放して自分の中をクリアにする必要を感じました。

クレドさんの大きくて高い、マクロな視点をいただいて、本当にありがたかったですし、励まされました。

さてタイトルの「お役目」についてですが、まず、上の記事の抜粋です。

この集合無意識の部分には、

人類の歴史の膨大な量の記録が入っています。

残虐な歴史も、

悲しい記憶も、

恐怖の記憶も山ほどあります。

実はたまに、この集合無意識にめちゃめちゃアクセスすると人がいるのです!

(特に今はコロナのことで、その状態になっている方が多いかも?と思います。)

(中略)

集合無意識の情報量って凄くて、

本人が抱えてる悲しみの感情が10だとしたら、集合無意識からくるものは100とかもっとそれ以上とかくらいの感覚です。

その人自身は、自分の情報だと思っていても、

あまりに激しい怒りとか、悲しみは、

集合無意識から拾っていることもあります。

例えば、そういったヒーラーさんが

自己ヒーリングしたとき、

何時間もかかった、

ヒーリングが終わらない、

一人で暴れてしまうほどの苦しみがでてきたという方もいます。

もしくは、本人も立ち直るのに時間がかかることもあったりします。

そして、それが自分以外の情報だと気づかない時、余計に苦しいのです。

3月にクレドさんの個人セッションを受けたのですが、その時の私は、

フルタイム自己ヒーラーでして、

クライアントさんのセッションがない日は、1日4時間ぐらい自己ヒーリングをしていました。

いったん始めると終わらないのです。

クライアントさんからもエネルギーを受け、ネバーエンディング。

つらかった…

そのことを3月のセッションの時に、クレドさんにお話したところ、私はヒーリングをやりながら集合無意識につながってしまう体質なのだと教えてくださいました。

確かに、覚えのない記憶が出てきたり、感情が激しく出てきて金切声で叫んだり、なかなか壮絶な日々を送っていたなと今では思います。

前に、マリアナ海溝をヒーリングしている人の動画を見たことがあるんだけど、Blue Necoちゃんもそんな感じ、とのこと。

マ、マリアナ海溝…?

(エベレストをひっくり返しても山頂が底につかないほどの深さという世界一深い海溝ですって!by wiki)

果てしなく深そう。そして、その人はなぜ海溝をヒーリングしようと思ったんだろう…

だからか〜と腑に落ちました。

エンパス、こじらせてるのね〜とその時は思いました(笑)

そんな厄介な体質がありつつも、クレドさんの音叉ヒーリングを1時間受けた後は、落ち着いており、今は穏やかに日々を過ごしています。

再び、抜粋です。

ただ、

そういう方はエネルギーが大きく、何か役割を持っている人が多いような気がします!

大きな役割です。

(本人は嬉しくないかもしれませんが!!笑)

すると、そんな方は、

もともとの質がヒーラー向きなので、

本当に素晴らしいヒーラーになるのです。

セッションを深める講座の最後に、

(集合無意識につながるヒーラーは)これからの世の中に必要になるヒーラーだよ

と言われ、はい、頑張ります、とお答えしましたが、嬉しくなさそうだったのかもなwww

何か役割がある…らしい…

まだピンと来ていないですが、そんな体質ならばギフトと言えなくもないし、宇宙の計画に従おうと思います。

しかし、モヤモヤしておりますので、お役目に関わる自己ヒーリングをやろうと思います。

“素晴らしいヒーラー”になれたらうれしいなぁ。

クレドさん、ありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。