引っ越しました!

東京の港区に住み始めたのは、20代で転職をしてからでした。ワンルームで東京タワーが目の前にあって、光がまぶしくて眠れないほど。

これぐらい近くにあった。近すぎるのは良くない。

それから、六本木の洋館アパート。冬は隙間風がひどく、ほぼ外!だったけれど、大好きな家でした。

この1階の部屋に住んでいた。

そして自分で買ったマンションに10年。結局、15年以上、東京タワーの周りをぐるぐるしていましたね。
その間に、猫2匹が増えたので、今回の引っ越しは猫2匹を連れての移動でした。

新幹線の中でも猫は鳴き続けていた

小田原暮らし1日目は、段ボールに囲まれて、ちょっと気が狂いそうでした。
猫も、怒ってシャーシャー言っているのが1匹、ずっとニャーニャー鳴いているのが1匹。猫たちはこの日は飲まず食わず、トイレもせず。
2日目は、段ボールが少し片付いて、居住空間ができました。自分はつくづくHSPなんだと思い知りましたが、段ボールから受ける圧迫感は半端なかったです。
とにかく寝室とダイニングキッチンにエネルギーが流れるように、床をきれいにしたのと、棚の上など、目線より上に置いていた段ボールを片付けました。
でもマンションが古いためだと思うのですが、前の住まいより広いのに、うまく収納ができないことがわかりました。そこで、ご近所のセリアで収納グッズを爆買い。(@100円 笑)
でも疲れすぎていて、あまりアイデアが浮かばず。この辺りから、いっぺんにやろうとするのは無理だと悟ったのと、あまり考え過ぎると、引っ越したことにネガティブ感が出そうになったので、のんびりやることにしました。
猫が、こもった場所に水の出前をしたり、大好物のウエットフードを手の上に乗せて一口ずつサーブしたり。フラワーエッセンスを体の周りでぐるぐるしたり、チャクラのお掃除をしたら、ようやく飲んだり、食べたりするようになりました。

それから、壁にかける絵やポスター、飾りなどがとても多くて、新居に飾りきれなさそうで、モノが多すぎたかと後悔したのです。でも片付けた場所にちょっと飾ってみたら、空間がガラッと変わって、ようやく落ち着くことができました。私には必要なものだったんだなと実感。

ダイニングキッチンと寝室はようやく落ち着きましたが、あとはリビング。とりあえずいろんなものをリビングに寄せましたので、しっちゃかめっちゃかです。笑
でも心が落ち着いていればクリエイティブな考えも浮かぶし、必要ならば断捨離の決断もできるのだと思います。心を落ち着かせるために、寝室とキッチンを早期にきれいにすることをやりました。
今度の住処は短期間のつもりのため、新しいものはほとんど買いませんでしたが、カーテンは必要だったので買いました。ここは妥協せずに心がワクワクするものを。
寝室のカーテンは赤!というオキテ破りなチョイス。寝室に赤いカーテン。興奮して眠れなくなるとの記事をネットで読みました。

でも最初から赤!と決めていました。壁は白、私の家具は濃い茶色が多いので、スパイスが欲しくて。空間がキュッと引き締まりました。ちょっと憂鬱になりやすい私には、赤ぐらい刺激があった方が元気になって良いかもしれません。

3日目は、この外出自粛の中、申し訳ないと思いながら、バスで20分の箱根に出かけました。日帰り温泉に行くためです。
行ってみて自分には必要だったと痛感しました。山の中にある露天風呂に入って、自然のエネルギーがチャージされて、頭に隙間ができました。

これは女性専用休息所。誰もいなかったので、せっせと柔軟と腹筋を。
帰ってきてペガサスのエッセンスを飲むように言われ、選ばれたのが、
Groundingと1stチャクラの2本でした。必要なもの、そのまんま(笑)
その夜は初めてぐっすり眠れました。

今回は自分の性質をよく見て、無理をしない引越しになりました。今まで根性で、苦手なことや、やりたくないことをねじ伏せて来ましたが、もうそれは必要なしです。
のびやかに、軽やかに新生活を楽しみたいと思います!外出自粛が解けたら、皆さん、小田原に遊びに来てください。(箱根のついでにw)良いところがたくさんあります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。